釣果情報

山口県長門市油谷沖のタイラバゲーム

お世話になった遊漁船は希海様。船長の山崎さんはまだ若く、釣りへの情熱が非常に熱い 男です。

事前情報では、剣先イカが非常に多く、それに大型真鯛が着いているとのこと。
事実、RISEJIGSLJに、イカパンチ!

と言うことは、昼間のイカはボトムべったりなはずなので、水深90m、微風でのドテラ流しの状況で少し軽めの80gのなみだまで遠くまで流してボトム付近のプロダクティブゾーンを長く引く作戦。

これで当たるはず。なのだか当たらない。回収時にボトムから20m辺りのゾーンで潮が変化している感覚が。
少し気になりそのレンジまで気持ち早巻きで上げてくると、ドン、ジーー。暫く浮かないナイスT。

SLJタックルに持ち変え、意識的にボトムから30mまでゆっくり巻きで誘ったそのフォールで、ラインが止まりましたねー。

これもナイスTでした!
ヒットルアーはRISEJIGSLJ 80g 黒金。

イカがベイトの時はべた底と言う常識に囚われず、海中の変化を感じで釣った2匹の真鯛。嬉しくもあり、自然相手の難しさを再認識した釣行でした。